是乃綾乃記

これ すなわち あやのしるし

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

タイトルはあんまり気にしないでください。沸いてるだけです。


なんか気がつけば広告ブログになっててですね、ちょっと焦ってしまいました。
夏コミお疲れ様でしたー。1日目と3日目に参加。しっかり楽しんできた!
の、前に、ちょっと前に参加してきたお祭りについての感想を載せちゃおうと思います。

7月13日・14日は武将祭に参戦してきたよー。私にしては頑張った全通。なんかこういうイベントで全通って初めてかも。私に色々行わせてくれるBASARA凄いです。ありがとうー。
日記書かないうちに何かとあったんですが(銀魂の映画初日に張り切って行ったとか)。

まあ例に漏れず箇条書きです。
公演ごとに小芝居が違ったりして記憶がごちゃごちゃになってます。順番もめちゃくちゃ。印象的なことだけ、です。偏ってます。



-- 続きを読む --
スポンサーサイト

[edit]

CM: --
TB: --

page top

今更ながらすれ違いの微かな思い出。冬コミ。 

2013/02/11
Mon. 00:39

この日記にはまだ画像が登場していないのですが、ウチにはまだ4か月くらいの子猫くんがいます。カギしっぽだったので、名前は【コノエ】です。
解る人はわかって。コノエでググってみたらいいさ。
夜は部屋に放しっぱになっているのですが、元気すぎてうるさいです。ブラウザバックとか平気でやられます。
うるさすぎるとハヤテにしばかれてます。大人猫との付き合いを覚えて、大きくなれよ。
いずれここでも紹介いたします。

今更ながら、少しだけ印象に残っていたりする思い出を少しだけ語っていけたらなと思います。


◆バニーちゃんが多かった思い出。
レイヤーさんね。ほんと1日目はバニーちゃんとおじさんが多かったこと多かったこと。
黒い上下のつなぎ(ググったら『アンダースーツ』っていうらしいですね)とか、カフェの店員さんみたいのとか、もちろん通常のおふたりも。
アンダースーツバニーちゃんで、超綺麗で超スタイルいい方が、これまたかっこいい(女の子だよ)虎徹さんと歩いていたのが思い出深い。おおー!って見ちゃったし。
ヒーロースーツの方々はやっぱ華があっていいですねえ。個人的には折紙先輩とホァンちゃん、ブルーローズちゃんが好きかな。特にイワン君はかわいいですね。全然TB観たことないけど(笑)
「イワン・カレリン」ってちょっと女の子の名前みたい。
きっと観たら、ベタにバニーちゃんにハマるんだろうなあ…。全然観てないけど、観てる友達に色々質問してにこにこしています。
…………兎楓が好きです(こそり)同人誌買っちゃったもん。

◆戦国/鍋(微妙な検索除け)の信長さん単体でよく見た思い出。
これ不思議とお蘭ひとりってのは私見なかったんですよねー。「あ、信長さんだ」「あ、また信長さん」って感じでした。お蘭は安土城でお留守番ですか?とか頭の中で妄想してちょっとだけにこにこしていたのは内緒。
しかし信長さんおひとりで出かけてたら、他の小姓との浮気を疑われちゃうんじゃない?カメとかさー。
信蘭レイヤーさん、ふたりで揃ってるの見たかったなあ…。いたのかもなあ。写真……。
なので、うん。横のセルフィをね、ちょっとね。わかるかな。

◆北斗の拳のレイヤーさん見て超感動!
そうそう!あのですね!コス広場出よっかなーって時にですね!
ユダ様がーーーー!!!!!!!!!!
UD様になんか持ってかれて他に誰がいたか忘れちゃった(笑)トキ?レイ?ケンシロウ?サウザー?うーん…。でもさすがコミケだよね!超テンションあがったよー!!!
実はですね、私もちょっと北斗のコスはやってみたかった時期あるの。2で大人になったバットとか、北斗無双のシンとかねえ…シンかっこいい。ちなみに一番好きなキャラクターはシュウです。
あと、黒王号(そこか)


とりあえずはこんな感じ。
レイヤーさん見るのは楽しいよね。

[edit]

CM: 0
TB: --

page top

鬱々たる程の瀬戸内語り。 

2012/11/23
Fri. 15:34

久々にちょっとだけ間が開かない日記。

舞台から帰ってきて以降、相当な瀬戸内ブルーです。三成君もとても悲しい場面があったのにも関わらず、どうも瀬戸内ブルーなのです。
きっとゲームのショックを思い出したからに違いない。


鬱々たるや見苦しいので、追記にたたみます。
-- 続きを読む --

[edit]

CM: 0
TB: --

page top

戦国BASARA-瀬戸内響嵐- 観劇と感想と、それと。 

2012/11/20
Tue. 01:05

またまたお久しぶりです、綾乃です。
そうそう、こっそりコスネーム変えました。まあそろそろ退き時なのですが、相方とお揃いみたい(漫才コンビみたい)にしたくて変えてみました。
でもまあ好きに呼んで下さい。


まだまだそこまで寒くならないなーと思っておりましたら、一気に秋が通り過ぎて冬になってしまいました。何回も言いますが、疲れを知らない子供の様です、季節は。

先週末土曜日、BASARAの舞台を観て参りましたー。人生で2度目の大阪です。
リアル後輩Mちゃんと一緒。彼女は天海様の被験体とのこと(本人談)
もうネタばれはいいのかなと思いつつ、感想は追記に。色々ちょっと駄目出し的なことも書きますので、そういうの注意してくださいね。

そうそう!来年4月5月に、新作舞台があるそうですね!どうやら宴だとか。
松永先生の出番ですか?そうだったら楽しみだなあ。せいじろさんはまた出るのかな。そうなるとせいじろさんが私の地元に来るんだよね。すごい嬉しい!
2の時に、おんなじ土地にいる!と思っただけでテンションあがってたのですよ、私。


たたみます。
相変わらず順番はめちゃくちゃです。
-- 続きを読む --

[edit]

CM: 0
TB: --

page top

本日の萌えメモ。慶ちゃんとまつ姉ちゃん・三半 

2012/08/19
Sun. 00:50

少しでも形に。


まずはこれこれ。

あゆみ姉ちゃんとたっちゃん



私、ツイッターであゆみ姉ちゃんをフォローしているんですが、過去を辿ってみるとこんなやりとりをしてたんですよ。
たっちゃんとあゆみ姉ちゃん。これほんと慶ちゃんとまつ姉ちゃんでやってそうだなー!ってすっごいすっごい萌えた★
地方から東京とか大阪とかの大学に出てった慶ちゃんが、お盆休みに帰省するってなって、新幹線と在来線を乗り継いで地元の駅に着くのが11時50分ころっていう訳です。利は慶ちゃんが来る日はまだお仕事で、一足お先にお休みになってるまつねえちゃんが駅まで車で迎えに行くんですよー。
「まつねえちゃん!久しぶり!」
「慶次!元気そうで何より。移動は疲れたでしょう?お昼御飯が用意してありますよ。さ、早く乗りなさい」
あったか前田家だよね。
たっちゃんとあゆみ姉ちゃんとまさおさんって、リアル前田家って感じがする。役者さんは舞台の上で恋したり憎んだりする。それってやっぱり人格の端っこに残ってて、たまーにひょっこり顔を出すのかなって思います。あゆみ姉ちゃん、まさおさんにも「鮎いっぱい食べましたよ!」みたいなツイートしててかわいいなーって思ったし。
前田家を推して参る!


もういっこ。

(普通に現代パロ妄想です)
最近、うだつのあがらない彼氏(別に誰って設定はないです)と別れた半兵衛。ずるずると何年も付き合った上での恋の喪失。久しぶりに迎える孤独な休日です。冷蔵庫には何にも入ってません。電話しようにも誰にかけていいか解らない。
携帯の電話帳は取引先ばかり。
思えば彼氏と仕事にかまってばかりで友達もあまりいませんでした。

恋を失って別れても、仕事はやってきます。半兵衛は広告代理店に勤めていて、ばりばり仕事をこなします。心の痛手を忘れるように仕事仕事仕事…なまじっか優秀なだけに、ほんとに凄い勢いで仕事が片付きプレゼンも成功したりします。
でも、ぽっかり空いた穴は塞がりません。
無理矢理に仕事を増やして、オフィスに泊まり込み。深夜までPCと睨めっこして、自販機の前のソファでばたりと眠り込みます。

ブラインドの隙間から朝日が差し込みます。少し肌寒くなり、半兵衛は微睡の中でぼやぼやとしつつ体を丸めます。
そこに、ふわりとかけられる紺色のジャケット。上品な香水と微かな煙草の香りが心地よく半兵衛の鼻をくすぐります。もしかしたら自分が寒そうにしてたから神様がかけてくれたの?と寝ぼけ眼をゆるーりと開くと、月明かりみたいな瞳と、朝日を反射して輝く灰銀の髪の毛が優しく視界に歩み寄ってきます。
わあ綺麗、僕は男だけどいいのかな?王子様って本当にこの世にいるんだなあ…。

「ねえ、結婚して…?」

恋人に言ってもらいたかった、言いたかった言葉が零れます。出来るはずもないのに、幻想だけを抱いていました。夢でくらい、言ったっていいじゃないか。
すると王子様は半兵衛の手を握って、

「私で良ければ、伴侶にして下さい」

と、真摯に答えてくれたのでした。

これが他フロアで校了の仕事をしている年下社員、石田三成くんとの出会いでした。


―――みたいな話。

三成君は本当に結婚したいと思った訳じゃないかもしれません。
仕事があって超早朝出勤して、いつも飲んでるコーヒーがたまたま売り切れてたからひとつ上のフロアに行っただけ。そしたらそこに美人(ま、男だってのはわかったんですけど)が寝こけてたって感じ。寒そうに身を捩ったからジャケットかけてあげる。もしかしたら返ってこないかもだけどいいやって思って。
美人が目を開ける、吸い込まれそうな菫色の瞳。とろりとした甘いはちみつみたいな声で、いきなりプロポーズをされる三成君です。この人何言ってるんだ?と思いつつも、彼の頬には眠っているときに流した涙の筋がありました。
それで思わず、返答しちゃう。
そこから運命が転がればいいじゃない。
ちなみに半兵衛のお友達になってくれたフリーコピーライターは元就様がいいかな。不倫ばっかりしてるの。松永様あたりとデキてたらいいんじゃない。で、最終的にはアニキがかっさらっていけば問題ないです。


※これ、お/か/ざ/き/真/理さんの漫画『サ/プ/リ』の1巻が元ネタです。

[edit]

CM: 0
TB: --

page top

2017-05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。