是乃綾乃記

これ すなわち あやのしるし

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

日本へ帰還!! 

2008/03/16
Sun. 23:26

みなさま、アヤメ戻りました。
ただいまです!
ちょっとの間離れていただけなのにオンラインの私は寂しかった様な気もします。


韓国行ってきましたー!
すごくすごく楽しかった!!色々刺激になったし。やっぱ旅行自体がとにかく刺激的でした。お隣の国とはいえ、やはりそこは外国。文化も風習も違う、言葉も、街の雰囲気も。
観るもの全てが新鮮で、
いちいち感動してました。まさに良い観光客っぷりでした☆
ノートにメモった事と、ある程度の画像を載せながらのきまま旅行記。本当は一日目とか二日目とか書いていきたいけど、長くなるからちょっと割愛。
食べ物記だけあとで書こうかな。とにかく食が美味しくてvでも1キロしか増えてなくて一安心…はあ。

では追記にて。
真面目に旅行記しちゃいます。


母の七光りとでも申しましょうか。行きはファーストクラスに乗れました。
空港ですれ違うFAさんやパイロットさんにもだもだしていたのは内緒です。
かっこよかった!!!

【飛行機の中の手記の一部】
眼下に雪が積もった山脈が見える、ここはどこらへんだろう。雲と空の境界線が綺麗に見えている。飛行気乗りはこれをいつも見るんだ。
とても、綺麗だと思う。
ジャズでも聴いてみよう。
Beyond the Sea―Acostic Cafe― 星を越えて!って歌詞が出てくるのが素敵☆

そら、やま。


着いてから現地のガイドさんと合流。ハンさん、とってもいい人だった。いろんなお話してくれた☆ガイドするだけじゃなくて、世間話とか沢山!
別れる時やっぱ寂しかったです。もう会えないのかーと…。いやまた会えるかも。人生は何が起こるか解らない。
色々韓国で遺跡とか巡る。南大門は焼けてしまって無かった。
昌徳宮、景福宮。街中に世界遺産がどんと構えていて、とても私にはシュールに見えて仕方が無いのです。だった超高層ビルばかりなんだもん。

昌徳宮、まわりはオフィスビル。

内部はこんな感じ。

基本的にこんな色味。


とにかく色彩が派手だった。市場にも出かけてみたんですが、骨董品とか民芸品とかとにかくきらきら色鮮やか。見ているだけでとても楽しい気分になれました。

きらきら。


夜もすごく賑わう街ソウル。不夜城。

ねむらないまち。

ここでは人気のドーナツ店。


ふらっと夜中にひとりで出たりしてみました。ちょっと恐かったけど、とても刺激的で良い体験でした。ホテルのすぐ下が明祠のメインストリートと近かったので、まだ安心できましたね。すぐ帰れるし。
現地の人はみんな日本語が達者でした。さすがは観光の街!


水原華城にも行く。ここはちいさな万里の長城と言った感じでした。沢山沢山歩いたー。疲れたけれども楽しかった。
これを作った王様の話もとても共感でき、歩くたびに歴史とその王様の気持ちを踏みしめているような錯覚さえ覚える。こういう所は基本的に大好き。
民族博物館にも立ち寄る。あれこれいつ行ったっけ?曖昧。すごい派手派手な棺桶があってびっくり!これは地方に行くとまだ使われているらしいです。現代化の波にいつか飲まれていってしまう文化なのかもしれないけれど…切ないなあ。

ちいさな万里の長城。

派手だな!!


NANTA!を観劇。そして感激!(かけてみた!)言葉が通じないお客様が多いのにも関わらず、みなの心をキャッチした役者さんたちに惜しみない拍手!
演劇部だったからこその楽しみ方も出来て、満足です。


民族村にも行ってきました。
あの有名なチャングムの誓いとかここでも沢山ロケしたみたいです、後ろを歩いていた日本人のおばちゃんがやたらマニアだった。
昔の韓国は日本と殆ど変わらない感じ。母が小さい頃、彼女は田舎に住んでいたので懐かしさすら覚えていました。

むかしの家。牛とかいたよ。


夜はエステー!つやつやになってきたぜ☆
あかすりとかよもぎ蒸し。良いなあ毎週やりたいくらい。レイヤーですから!!
浴室に防水加工したヨン様とかのポスターとかが有るのは如何なものかと思う。なんか見られてる感じがしてかなりシュール。きっとおばちゃんの誰かがファンなのでしょうね。ヨン様とウォンビン。


帰りはビジネスクラス。
飛行機に乗ったら
日本まではすぐで、近いなあと思う。
絶対また行きたい、と強く思った国でした。


【ホテルでの手記の一部】
ソウルという街は、一言で言うと「乱雑」で「煩雑」
良いものも悪いものも全て揃っている感じ。バイクは平気で歩道を走るし、車はハイスピード、クラクション鳴りまくり!看板は派手、電工掲示板がやたら多い。
カオスな「面白さ」がそこには有る。ソウルやるな!と感じている。歴史的遺産のすぐ側にはヒュンダイや現代のオフィスビル。インサドンという街のごちゃごちゃさ(ここはイェンタウンみたいでお気に入りになりそうです)もいとしく思います。



なんか意味不明な旅行記。途中からあんまり手記が書けない、というか適当になってました(笑)卵焼きを焼いてるお兄さんがイケメンとかキムチがおいしいとか書いてます。
おいおいって感じ。
ここまで読んでくださった方、本当にありがとうございました!
ホテルでちょっとじょはな妄想してしまった阿呆です。
食べ物記も後日書いちゃうぜ!
最後に母と私の写真を。ママありがとう、ありがとうね!!

アヤメとアヤメママ☆



ホームはやはり、落ち着きます。
また日常、頑張れます。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: --

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2017-06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。