是乃綾乃記

これ すなわち あやのしるし

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

『僕は市場と恋に落ちたのだから』 

2009/02/15
Sun. 19:01

久しぶりに、本のこと。
きちんと感想とかは書けなくなって来てしまいました、ああ、文章能力の低下をひしひしと
感じつつ、今年は沢山読むぞーと思いながら
全然計画通りにはいかないものです。

石田衣良著
『波のうえの魔術師』


これ、すごく難しかった(笑)
この本に案外時間を取られてしまった…のでなかなか次へ行けなかったってのは言い訳ですね。
私、経済学に明るくないので
とにかく出てくる単語単語が理解できない。
しかし、それでも十分すぎるほど伝わってくる、この作品の魅力!
全然知らない世界に、連れられた主人公の、まあ、静かで刺激的な経験を書いているのです。
それがストーリーの根幹にありつつ、
世の中の情勢を、衣良先生らしく痛切に批判してみたり、皮肉ってみたり。
クライムサスペンスの名前は伊達じゃないですね。

そんな小難しい話の中、小塚老人と白戸くん(主人公)の、奇妙で、強くて弱い絆?というか
つながり?というか、なんというか。
心を完全に許しあったりしないけれども、
すごく、共にある感じです。
先生はこちらも書きたかったのかな、と、私は感じ取れました。
というか、経済学に明るくないので、そこらへんしか心情に任せて読めなかったってのもありますけどね(笑)
ちょっぴり頭に刺激が欲しい方は、おすすめかな。


今は江國さんを読んでますが、仕事のお昼休憩に最近はやたら眠くなってしまうので
全然進みません…!
焦っては駄目ですね、まあ、ゆっくり。沢山本に触れ合いたいと思います。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: --

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。