是乃綾乃記

これ すなわち あやのしるし

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

『翡翠』 

2008/01/17
Thu. 00:15

きっとこれくらいの時間に花京院典明は亡くなってます。
漫画の中のキャラクターだと解っていても
とってもしんみり。
今日の記事は私の大好きな天野月子さんの、『翡翠』という歌の歌詞を貼らせて頂きたいと思います。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm92548
http://jp.youtube.com/watch?v=BRCKIsMXkjE
(↑良かったら聞いてみて下さい)

彼への餞。
承花的な餞です。だからちょっと腐要素をまじえたりして読むのが苦手な方の為に追記にしておきました。
この歌を始めて聞いたとき素直に涙が出てしまいました。メロディが綺麗で、切なくて。
普通に歌詞も素敵です。
月子さんはほんとうに素敵。





ああ。
幸せになって、欲しかったなあ。





『翡翠』


軋む音の奏でに耐え切れず 距離を作る私を許さないで良い
貴方のやり方で、良い
膨れ上がる上辺だけの嘘で 誇り庇う貴方と解っている
今はそのままで
悪戯に生きて
何を葬り、手にして、残せる
私の腕がもう少しだけ長く 全てを包めたなら
不安も
焦りを
しこりを取り去る魔法をかけてあげる事も出来た
遠くへ飛び立つ 新しく開いた扉へ
貴方は出て行く 眩い季節(トキ)の中へ

揺るぎの無い真っ直ぐな視線で 獲物を待つ
鋭い貴方の姿を私は目指して追いかけたけれど
枝に分かれた
旅路の向こうで
沈んだ心繕いながら笑う貴方のやせた頬に
戸惑い 眸を逸らして置いてく
諦めてしまったのは私だった
いくつの出逢いをさよならで塗り替えるのだろう
ちいさく頷く
私は ただ 無力で

遠くへ飛び立つ 新しく開いた扉へ
別れの痛みを 
輝く宝石へと変えて
ふたりが重ねた日々を
無くさないで いて
貴方が 消えてく 眩い季節(トキ)の中へ
軌跡を 描く為に


---------------------------------------------------------*
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: --

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。