是乃綾乃記

これ すなわち あやのしるし

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

女の子の勘。 

2010/11/08
Mon. 13:35

呟いただけでは飽き足らない。

新八は聡そうで、実は銀ちゃんと桂さんの関係に気が付いていなくて、幼い神楽ちゃんの方が気付いてるのもいいなあ、と。
女の子の勘は鋭いと思う。

ある日、ふたりで朝食を食べていたらぽつりと
「銀ちゃん、ヅラを大事にしなきゃ駄目アルヨ」
とか、神楽ちゃんが言うんです。ビビった銀ちゃんが味噌汁を吹き出したりするベタな展開。
「この前、ピン子が言ってたネ、マンネリと怠惰と惰性は離婚の危機アル」
「…どこで覚えてくるのそーいう言葉、銀さん感心しないなー神楽ちゃん」
「ワタシの目はごまかせないネ、銀ちゃん」
「誤解だから、いい、誤解だからね。それ、誰にも言うんじゃねーよ?わかった?」
「言い触らす程悪趣味じゃないネ、銀ちゃん約束するアル、マンネリは駄目アルヨ。お母さんアナタをそんな風に育てた覚えナイヨ!この親不孝もの!」
「おめーに育てられてねーよ!!コラ!!」
「痛っ!何するアルか!」
「言われなくてもわかってら!大人だかんねオレ!」
「甲斐性もないくせに」
「うるせー!!」

これ、遠回しに神楽ちゃんに
『桂さんとできてます』と認めたみたいなもんだね。
神楽ちゃんはしてやったりとニマニマしているのではないかと思われます。でも、ふたりの仲良し未来を願ってもいるのでした。


幸せな気持ちになった…。
スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: --

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2017-07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。