是乃綾乃記

これ すなわち あやのしるし

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

『もうひとつの体。もうひとつの運命』 

2010/02/02
Tue. 22:52

ようやく書けるよ、もえちゃん!!(笑)
先週末は後輩(ここでは「もえ」で書くかな)もえちゃんと『AVATAR』観てきました。
彼女はこういう映画好きかな?と当初不安であったのですが、
感性の近いもえちゃんと一緒に行けてよかったです。
「最後らへんになると、人間の方がこわい風に思えてきますよね」ってのが、いい言葉だなあと思ってたよ。
心からの言葉かなと思った。
一緒に行ってくれてありがとねー!!

AVATAR


追記にて。

まずは公式サイトをペタリ。
【AVATAR】

-- 続きを読む --

[edit]

CM: 0
TB: --

page top

『もしも願いひとつだけ、叶うなら』 

2009/07/11
Sat. 14:54


ヱヴァンゲリヲン新劇場版 「破」

観て来たー!!!!
ラヴくんに興奮して電話しちゃった!!なんていうか、序の時とは違う感じの、興奮の波が来て
ちょっと収まらなかった。

感想は追記にて☆
また2年も待つのかよー、待ちきれない。
-- 続きを読む --

[edit]

CM: 0
TB: --

page top

『僕は市場と恋に落ちたのだから』 

2009/02/15
Sun. 19:01

久しぶりに、本のこと。
きちんと感想とかは書けなくなって来てしまいました、ああ、文章能力の低下をひしひしと
感じつつ、今年は沢山読むぞーと思いながら
全然計画通りにはいかないものです。

石田衣良著
『波のうえの魔術師』


これ、すごく難しかった(笑)
この本に案外時間を取られてしまった…のでなかなか次へ行けなかったってのは言い訳ですね。
私、経済学に明るくないので
とにかく出てくる単語単語が理解できない。
しかし、それでも十分すぎるほど伝わってくる、この作品の魅力!
全然知らない世界に、連れられた主人公の、まあ、静かで刺激的な経験を書いているのです。
それがストーリーの根幹にありつつ、
世の中の情勢を、衣良先生らしく痛切に批判してみたり、皮肉ってみたり。
クライムサスペンスの名前は伊達じゃないですね。

そんな小難しい話の中、小塚老人と白戸くん(主人公)の、奇妙で、強くて弱い絆?というか
つながり?というか、なんというか。
心を完全に許しあったりしないけれども、
すごく、共にある感じです。
先生はこちらも書きたかったのかな、と、私は感じ取れました。
というか、経済学に明るくないので、そこらへんしか心情に任せて読めなかったってのもありますけどね(笑)
ちょっぴり頭に刺激が欲しい方は、おすすめかな。


今は江國さんを読んでますが、仕事のお昼休憩に最近はやたら眠くなってしまうので
全然進みません…!
焦っては駄目ですね、まあ、ゆっくり。沢山本に触れ合いたいと思います。

[edit]

CM: 0
TB: --

page top


ちょ、興奮冷めやらない…!!
観て来た!!!

SATSUGAIせよ!!

感想は追記にて。
ちょっと、テンションのまま書くからあれかもよ!!
-- 続きを読む --

[edit]

CM: 2
TB: --

page top

『好きになるのは個人の自由でしょ』 

2008/08/03
Sun. 23:00

良い事言うなるり子、と思った。


唯川恵 著
『肩越しの恋人』



友達が唯川先生が好きらしく、そんな彼女の嗜好を知ってみようと本屋さんへ一緒に行き、
「どれがお薦め?」と聞いたら控えめな彼女は「これ」と言って差し出してくれたのが
この本でした。
懐かしい思い出。
きっとその友人は、意識してなくても「ワタシのしあわせ」というものを追っているに違いないと
今痛切に感じています。

オンナのしあわせってのとワタシのしあわせって言う物は似て非なるもの。むしろ全然似ていないのかもしれないなあと思う。
るり子の追い求める「オンナのしあわせ」も充分理解できるし、それは私も欲しいと思うもの。
萌の探している「ワタシのしあわせ」も、これもまた充分に理解できる。
彼女達はまったく正反対だけれども、ひとつを追い求める姿勢は変わらない。だからふたりは親友でいられるのだな。
良い意味でも悪い意味でも私アヤメは「オンナ」である事を意識させられたお話でした。


感想が抽象的過ぎて意味が解らない。
秋山崇くんがとても好ましいと思います。きっと彼は素敵な男性に育つに違いない。

恋とか友情とか、
色んな気持ちにもっと向き合って正直に生きていきたいなあ。
薦めてくれた彼女にも、とても会いたくなってきました。

[edit]

CM: 0
TB: --

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。